So-net無料ブログ作成

☆台風18号 ☆そしてさよなら駅長 [カレーショップナイアガラ]

せめて月1回は更新しようと思うのですが、中々更新もままならず前回の更新から2カ月も経ってしまいましたね。

このブログのテーマである坂の話や、3月に煉瓦を求めて和歌山まで行った時の話などアップしたいのですが、資料を調べ始めたら、底なし沼にはまってしまいました(^^;)


そこで、この連休に日本列島を駆け抜けた台風18号と、YouTubeにアップして大好評を頂いているナイアガラ駅長の一生を振り返った動画をアップします。


☆台風18号

さて、この記事を書いている9月18日22時30分現在、九州から北海道まで大きな被害をもたらした台風18号は、ようやく温帯低気圧に変わったようですが、『台風18号』には注意が必要です。

過去『台風18号』は日本列島に大きな被害をもたらしてきました。

なんと九州、四国、本州、北海道それぞれに上陸したのは、統計史上初の事です!

戦後に大きな被害をもたらした『台風18号』を取り上げると、その多さに驚かされます。

 ◆1961年(昭和36年)台風18号・・・第二室戸台風
  アメリカ海軍による飛行機観測では、中心気圧888hPaが観測され最大風速を100mと測定したほどの大きな台風で、大阪を中心に非常に大きな被害をもたらしました。

 ◆1966年(昭和41年』台風18号・・・第二宮古島台風
  宮古島で観測した最大瞬間風速85.3m/sは、日本の観測史上最大の記録です。
  私が沖縄に暮らしていた時にも台風による最大瞬間風速82mを経験していますが、街中あちこちのコンクリート製の電信柱が風で折れていました。

 ◆2004年(平成16年)台風18号・・・songda(ソングダー)
  沖縄から九州、中国、東北、北海道を蹂躙し、のちに激甚災害に指定された台風です。

 ◆2013年(平成25年)台風18号・・・man-yi(マンニイ)
  全国各地に大きな被害をもたらしましたが、特に京都市内では桂川が氾濫するなど、記憶に新しいと思います。

時期的に『18号』が日本列島にやってくるのが、9月に入ってからであり、この時期の台風を往々にして日本列島に大きな被害をもたらします。


☆さよなら駅長

さてそこで先日作ったナイアガラ駅長のスライドをアップします。

感想など頂けると幸いです。



nice!(96)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感