So-net無料ブログ作成

泰山木・・・回顧 [学生街の四季]

21タイサンボク.jpg健作は、都心から電車に乗ると90分くらいはかかる郊外の自然豊かな里山の中をJeepで走っていた。
向かっていたのは、母親が眠っている霊園だ。

屋根もドアもないJeepは、周りの自然と一体となって走る。
梅雨時とは思えない青空が広がり、森を渡る風は爽やかな香りを運んでくる。

霊園の入り口へと右折して山の中に入っていくと、何か懐かしい香りがしてきた。
遠い昔の記憶をくすぐるような香りだ。

緩やかなカーブを抜けた先には、直径20cmはあろうかと思われる大きな白い花が咲いている木を見つけた。

「えっ、こんなところにこんな大きな花が咲いていただろうか?」
健作は思わずJeepを路肩に寄せて停めると、過去の記憶と白い見事な花をオーバーラップさせていた。

「そうかぁ、この季節にお墓参りに来るのは初めてだから、今までこの花に気がつかなかったんだぁ。」
柑橘系のようなとても爽やかな香りは、この花から漂ってくるものだった。

健作は目を閉じると、遠い昔に思いを馳せた。


2.jpg中部ジャワ島のジャングルでの野営生活を終えてジャカルタに戻ると、同行したインドネシア大学の友人たちと別れを告げて、ガルーダインドネシア航空の香港行きに飛び乗った。

健作は目を閉じると、気がついたときにはもう啓徳空港への着陸態勢に入っている。
飛行機は山間からビルを掠めるように着陸すると、健作はバスで九龍へ向かった。

宿は決めていなかったが、すぐに一泊70HK$のゲストハウスが見つかった。
荷物を放り出してベッドに横になると、あっという間に深い眠りにつく。

ベッドより一回り大きい空間しかない部屋には、窓も無ければ、バスルームも無い。
しかし、安宿の硬いベッドも、ジャングルの中で虫にさされながら地面の上に敷いたマットに横になることに比べたら、天国だ。

蒸し暑さに目が覚めると、朝になっていた。
再び文明の世界に戻ってくると、無性に日本が恋しくなってきて、和食が食べたくなった。
しかし財布の中をのぞくと数千円しか残っていない。

共同のシャワールームに入って蛇口を回すと水しか出てこなかったが、ほてった身体にはそれも心地よく、汗と垢を流して身支度を整えると、外に飛び出した。

早朝なのに、もうぎらぎら照りつける太陽にムッとする空気がシャワーを浴びたばかりの身体にまとわりつく。
朝の喧騒の中を2ブロック先にある日系のホテルへと向かった。

ホテルのロビーに入ると、ひんやり空調の効いた空気が心地よく、汗がすーっと引いていく。
日本円で500円を払ってレストランに入ると、和朝食のバイキングに飛びついた。

塩鮭、納豆、ワカメと豆腐の味噌汁、そしてジャポニカ米のご飯。
数ヶ月ぶりに食べる和食は、「日本人に生まれて、本当に良かった。」と思わせてくれるには十分なものだった。

香港1.jpgおなか一杯になると、2階建ての路面電車とバスを乗り継いで香港中文大学へと向かった。

郭教授の研究室の扉をノックして開けると、そこには教授とシンガポールからの留学生の陳淑雲がいた。

陳は、モデルかと思わせるような才女で、健作とは彼女が高校生のときからの知り合いだ。

中部ジャワ島のジャングルの中での様子を一通り教授に報告すると、もう夕方に近くになっていた。

「健作君、お疲れ様だったね。
どうだい、久しぶりに旨いものでも食べに行こう。陳君も一緒にどうかね?」
「はい先生、ご一緒させていただきます。」
「それじゃあ決まりだ。健作君は、ジャングルの中での野営生活で苦労をかけたから、今日は海鮮にしよう。」

3.jpg大学の前でタクシーを拾うと、郭教授は「鯉魚門(レイユームン)」と告げた。
港に隣接する魚市場で、色々な魚介類を仕入れると、とある扉をくぐった。

郭教授の行きつけの店なのだろうか、中から出てきた店のマスターに食材を渡すと、色々と指示をしていた。

出てきた料理は、いずれもすばらしく、あっという間に片付いていく。

「健作君、君はこれからどうするんだね。」
「はい、明日日本に戻りますが、すぐにワシントンに立ちます。
色々迷ったのですが、制服を着ることにしました。」8 制服.jpg
「そうか、それもまた人生。がんばってくれたまえ。」

翌日空港に行って搭乗手続きをするためにキャセイパシフィックのカウンターに向かうと、なんと陳叔雲が見送りに来ていた。

「典子さんにお土産かったの!?」
「えっ、いや、買ってないよ。」
「ダメじゃない! こっちにいらっしゃい。」

陳淑雲は、健作の手を引っ張るとデューティーフリーショップへと向かった。
「そうねぇ、典子さんだったら、この爽やかな香りがぴったりかもしれないな。
これにしなさい!!」

陳淑雲が選んだのは、クリスチャンディオールのディオリッシモだった。
健作の手に押し付けると、健作は受け取ろうとしない。
「いいんだよ。もう・・・」
「ダメよほら、早くレジに行かないと飛行機に乗り遅れるわよ!」

健作は値段をみると、成田から自宅まで帰るくらいのお金は残りそうだ。
陳淑雲に押し切られる格好で、レジに行って精算すると、陳淑雲は微笑んでいた。

シンガポール1.jpg「健作さん、自分に素直になるのよ。自分の気持ちを偽ったら、20年、30年経ってから必ず後悔するからね。」
「あ、ああ・・・わかった・・・」
「ほら、健作さん、元気だして!
健作さんらしくないわよ。」

健作がボーディングブリッジに消えていくと、見送っていた陳淑雲の目には涙が光っていた。


「おにいさんどうしたの?
この花良い香りでしょう。『泰山木』っていうのよ。
この爽やかな香り、私大好きなんだ。
そうだ、よかったらもってくかい?」

それは霊園近くで農作業をしていた地元のおかあさんだった。
持っていた鍬で枝を切り取ると、顔の大きさはあろうかと思われる大きな花を差し出した。

健作は花を受け取ると、そう、まさにこの泰山木の香りは遠い記憶の中からよみがえってきたディオリッシモの香りだった。

ぼちぼち訪問をさせていただいておりますが、とても追いつきません。
なにせ日曜日を一日使ってしまったため、ジャンボリーの準備に火がついています。

泰山木・・・まるで中国生まれのような名前ですが、中南米原産で明治初期に日本にやってきたお花です。

22タイサンボク.jpg

いかがですか、JK君のヘッドライトより大きいでしょう。
帰りの車の中は、とても爽やかな、そして僕にとっては甘く切ない、ディオリッシモの香りに包まれていました。

あっ、勝手に花を捥いだのではなく、最後に書いたように農家の方にいただいたものです(^^)

香港の写真は、昔撮ったものなので、やや変色していますね。港の写真は、夕闇迫る鯉魚門です。

続きは、以下のリンクからご覧ください。

⇒学生街の四季 シンガポール編1

⇒学生街の四季 シンガポール編2
⇒学生街の四季 シンガポール編3

⇒学生街の四季 シンガポール編4 


nice!(150)  コメント(31)  トラックバック(0) 

nice! 150

コメント 31

銀狼

海外旅行経験は少ないのですが、
2週間アメリカに行った時、最終日にロスで食べた朝食の
美味しさがいまだに忘れられません。。。
何の変哲もないご飯にわかめの味噌汁と焼き海苔に
干からびたような焼き鮭だったのですが・・・

by 銀狼 (2013-07-02 01:00) 

ちょいのり

ええっ!?典子さんとの仲って今どうなってんだろうかと、読みながら思っちゃいましたよ。
前シリーズ(沖縄シリーズ)より大分先に進んだ未来のお話ってことですよね?^^
いつか沖縄シリーズとの間の話が描かれるんだと期待しておきます^^


by ちょいのり (2013-07-02 01:17) 

すー

おはようございます

現実と創作が交錯しているようで・・・ワクワク、ドキドキしました。
泰山木、公園でmかけることも!
by すー (2013-07-02 04:33) 

YUTAじい

おはようございます。
新しいお仲間と早く慣れますように・・・墓参帰りですね!
お似合いです。
by YUTAじい (2013-07-02 04:42) 

katakiyo

おはようございます。
朝から素晴らしい小説?拝見しました。相棒が変わると気持ちも
変わりますか?
by katakiyo (2013-07-02 05:32) 

獏

素敵な短編小説 前後が実に気になります^^)
泰山木の花 大きくて立派ですよね☆

by 獏 (2013-07-02 05:51) 

ナビパ

素敵なお写真がまた物語と合いますね。
素敵です。^ ^
by ナビパ (2013-07-02 06:15) 

pandan

良い香りがしてきそう〜
by pandan (2013-07-02 06:51) 

なんだかなぁ〜。横 濱男です。

自分もこの様な文章が作れれば。。。
文才が無いからダメだけど。。。

by なんだかなぁ〜。横 濱男です。 (2013-07-02 06:53) 

とし@黒猫

ご訪問ありがとうございます。
千葉都市モノレールの痛車のヘッドマークやつり革の広告などの、痛鉄グッズが欲しいです。
 ---
色あせた銀塩写真に写る古い街の光景、健作さんは・・・
by とし@黒猫 (2013-07-02 07:14) 

下総弾正くま

大きさといい、香りといい、霊山の泰山級って意味でこの名前になったんですかね^^;
by 下総弾正くま (2013-07-02 07:17) 

(。・_・。)2k

ハスみたいな花ですね~

by (。・_・。)2k (2013-07-02 07:21) 

hatumi30331

文章と写真がマッチして・・・・
いい感じです。^^

泰山木、下からしか撮れないので・・・
これだけハッキリした写真珍しいです。
大きくて白い!存在感のある花ですよね。^^
by hatumi30331 (2013-07-02 07:28) 

くまら

タイサンボク、以前住んでたとこの隣に大きい木が有りました
ホントいい香りですよね
でも、花の見頃終えると・・・

by くまら (2013-07-02 08:58) 

馬爺

大きな花の割に橋疎な感じがしますね、ちょっと見は梔子似た感じですが
後ろのJK君の濃い色がバックにあるので余計引立っています。
by 馬爺 (2013-07-02 09:21) 

ゆうくん

読んでるだけで、世界観にタイムスリップしてしまいました。
とても素晴らしい文才ですね。

by ゆうくん (2013-07-02 09:52) 

koh925

私の記事の・・・「山田湾とオランダ島」のこと
1963年は1693年の記入ミスでした
視力が弱く、そのためにブログの文字も大きくしていますが
それでも気がつかずにアップしてしまいます
有難うございました、気をつけます
by koh925 (2013-07-02 10:52) 

美美

泰山木、真っ白で綺麗な花ですね(^^
新車のJeepカッコイイですね。
さっそく高幡不動尊でお参りでしょうか~
by 美美 (2013-07-02 16:07) 

sig

駅員3さんの分身・健作君はとてもロマンチックですね。
ラストのタイサンボクの花は、JK君と引き立てあって、とても魅力的ですね。
by sig (2013-07-02 16:39) 

kojiyan

クッションもいいんですね...そのための改造ですね!
これから夏場はJEEPが似合います
熊本の阿蘇や山口の秋吉台など高原を走ると気分爽快になれるでしょうね
by kojiyan (2013-07-02 17:17) 

ニッキー

素敵な大輪の花ですねぇ^^
キレイで香りも楽しめる花なんですね(^O^)
健作さん、典子さんとはどうなったんでしょう(*_*)
by ニッキー (2013-07-02 17:45) 

夏炉冬扇

今晩は。
泰山木の花、有効活用☆☆☆
by 夏炉冬扇 (2013-07-02 17:49) 

johncomeback

こんな青春の思い出があったらステキですね。
by johncomeback (2013-07-02 19:15) 

cafelamama

鯉魚門は、九龍の喧騒地帯からも近く、
海鮮料理を味わうにはいいところです。
ディオリッシモの香り、僕も好きですが、
泰山木という花の香りだったんですね。

by cafelamama (2013-07-02 19:42) 

水郷楽人

この花も梅雨時期に咲く花ですね。
by 水郷楽人 (2013-07-02 20:33) 

風来鶏

「泰山府君」は病気や寿命、死後の世界の事など、生死に関わること全般に関わる神様で、映画『陰陽師』では道尊(真田広之)に返された矢で失命した源博雅(伊藤英明)と青音(小泉今日子)の命を“交換する儀式”がその名で呼ばれていましたね^^
by 風来鶏 (2013-07-02 20:54) 

Loby

香港の素敵な思い出ですね。
泰山木(Magnolia)、中南米のものなんですか。
だから花が大きいのでしょうね^^b

by Loby (2013-07-02 21:49) 

mk_papanero

最近海外行ってませんけれど、2~3週間行って戻ってくると、
たまごかけご飯で涙が出るくらいホッとしたこともあります。
by mk_papanero (2013-07-02 22:06) 

orange

後継車君の色とよく似合っていますね。
色々な思いのこもった一枚ですね。
懐かしいフレグランスの名前です。
by orange (2013-07-03 12:05) 

キャスリーン・ケリー

番外編 うまくできていますねぇ。。なんだか情景が目に浮かぶようです^^
それにしてもディオリッシモ・・ 人生で初めて使い始めた香水です 大学時代にね。
by キャスリーン・ケリー (2013-07-04 02:13) 

そらへい

途中でふと、泰山木の花とどうつながるのかと思ったのですが
最期に見事につながりましたね。
by そらへい (2013-07-05 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0